下野市の文化財

  • 薬師寺城跡
    やくしじじょうあと
  • 文化財の種類
  • 史跡
  • 文化財指定団体
  • 指定なし
  • 文化財が造られた時代
  • 鎌倉・室町・安土桃山時代
  • 文化財の所在
  • 下野市薬師寺2975-1
  • 概要
  •  薬師寺城跡は、小山長村の子である小山五郎左衛門尉朝村が寛喜年間(1229~1232)に築城したと考えられています。現在は、堀と土塁が部分的に残されているのみで、当時の姿を偲ぶことはできません。しかし、付近には館野前、館野北などの字名が残されていることや、1947年に撮影された米軍の空中写真で確認することのできる堀跡の範囲から、城の規模はかなりの大きさであったことがわかります。