下野市の文化財

  • 児山城跡
    こやまじょうあと
  • 文化財の種類
  • 史跡
  • 文化財指定団体
  • 文化財が造られた時代
  • 鎌倉・室町・安土桃山時代
  • 文化財の所在
  • 下野市下古山957
  • 概要
  •  児山城は、多功城・上三川城とともに宇都宮城の南方を守るために築かれた城です。今から約700年前の鎌倉時代の終わりごろに、宇都宮頼綱の四男多功宗朝の次男(又は三男)朝定が築城したと伝えられます。
     城は姿川東岸の台地上に築かれていて、本丸を中心として堀や土塁が良好に残されています。本丸の東には児山氏始祖・児山朝定開基と伝えられる華蔵寺があります。