下野市の文化財

  • 御鷲山古墳
    おわしやまこふん
  • 文化財の種類
  • 史跡
  • 文化財指定団体
  • 指定なし
  • 文化財が造られた時代
  • 古墳時代
  • 文化財の所在
  • 下野市薬師寺2142
  • 概要
  •  御鷲山古墳は、田川西岸の台地上、下野薬師寺跡の北側にある前方後円墳です。前方部を西に向け2段に築造され、墳丘の全長は約74mです。埋葬施設はくびれ部の前方部よりに、南に開口する両袖型の横穴式石室が設置されています。石室は凝灰岩の切石を用いた複室構造です。出土遺物は鉄鏃や刀子、小札(挂甲の部品)、馬具などのほか、円筒埴輪、朝顔形埴輪、形象埴輪も確認されています。これらのことから、この古墳は6世紀の後半に造られたと考えられます。