下野市の文化財

  • 鑑真和尚之碑
    がんじんわじょうのひ
  • 文化財の種類
  • 史跡
  • 文化財指定団体
  • 文化財が造られた時代
  • 江戸時代
  • 文化財の所在
  • 下野市薬師寺1421
  • 概要
  •  鑑真は688年に唐で生まれ、仏教の戒律を伝えるために、数々の苦難を乗り越え日本に渡ってきた名僧です。天平宝字5年(761)には三戒壇のひとつである戒壇院を勅願により下野薬師寺に建立したと伝えられます。
    龍興寺の墓地には鑑真の弟子たちが、師の遺徳を偲び建立したといわれている供養塔があります。この石碑は高さ約2mで、表面中央に「鑑真大和尚」左側側面に「天平寶字七壬寅五月五日」と刻まれています。
     なお、この碑の前の菩提樹は、鑑真和尚の杖が根付いて大きくなったものといわれています。葉の先に実をつけ、風が吹くとその実はクルクル回りながら落ちてくる珍しい木です。

鑑真和尚之碑のクチコミ情報

9件のクチコミがあります。

  • ともぞう/40代/女性/佐野 (2012/03/25)

    龍興寺の奥、墓地の中にあります。傍の菩提樹は、和尚が使っていた杖が成長したと言われているそうです。

  • さくら/40代/女性/宇都宮 (2012/03/25)

    この碑は龍興寺の墓地の中にありあます。鑑真和尚は、754年に来朝し日本の仏教に大きく貢献した僧侶で、その弟子たちが師をしのんでここに供養のため碑を建てたそうです。碑の前にはお花がたむけられていて、現在もこの地の人々にその思いがつながっているのだなって思いました。

  • ノア/40代/女性/宇都宮 (2012/03/24)

    龍興寺に隣接した墓地の、大きな菩提樹の元にある石碑は、弟子たちが鑑真和尚をしのんで建てたものだそうです。鑑真和尚は、唐から来た僧侶で唐招提寺や下野薬師寺を含む三戒壇を建立し、日本に仏教を広めた方だったのですね。お墓や日本で最古の肖像彫刻が唐招提寺に残っているそうです。

  • はる/40代/女性/宇都宮 (2012/03/23)

    龍興寺の墓地に、菩提樹のそばに鑑真和尚の碑はありました。その菩提樹は鑑真和尚の杖が成長したものといわれており、なるほど主を護っているように枝が伸びています。

  • ぴかりん/40代/女性/日光 (2012/03/22)

    鑑真は、奈良時代に渡来した唐の僧で、日本の律宗を開いた高僧です。日本の要請で5回の渡航の失敗にもくじけずに、日本に来られたといわれています。目を閉じて座禅を組んでいる像が有名ですね。この碑はお弟子さんたちが建てたとされています。近くにある菩提樹は、失明していた鑑真の杖が成長したものと伝えられています。

  • まめっち/40代/女性/市貝 (2012/03/20)

    龍興寺墓地の奥の巨木の横にありました。碑は分かりずらいですが、目印の巨木の菩堤樹は、和尚の杖が成長したものと言われているそうです。

  • しゃぼんだま/40代/女性/大田原 (2012/03/16)

    龍興寺の墓地の中にありました。こちらは鑑真の弟子たちが師の遺徳を偲び建立したといわれている供養塔です。碑の傍らには鑑真和上がついていた杖が芽を出し大きくなったと伝えられている菩提樹がありました。

  • ななっち/50代/女性/小山 (2012/03/15)

    龍興寺墓地中央にあります。少々見つけるのが大変でしたが、木を目印に探してみてください。
    三戒壇を築いた鑑真和尚の弟子たちが偲び建立したそうです。龍興寺は、下野薬師寺の別院でしたし、この地が仏教にとって大変重要な地であったことがわかりますね。
    碑の傍らには鑑真和上がついていた杖が芽を出し大きくなったと伝えられている菩提樹もあります。これも興味深いです。

  • みおみお/30代/女性/宇都宮 (2012/03/15)

    龍興寺の墓地の中にある素朴な佇まいの碑で、鑑真和上をしのびお弟子さんたちが建立したと伝えられているだそうです。六角堂に安置されている鑑真和上の画像の扇子とともに、その縁深さを知る一つだと思います。

  • 一覧に戻る
  • トップページに戻る