下野市の文化財

  • 石造阿弥陀如来立像
    せきぞうあみだにょらいりつぞう
  • 文化財の種類
  • 彫刻
  • 文化財指定団体
  • 文化財が造られた時代
  • 江戸時代
  • 文化財の所在
  • 下野市磯部556
  • 概要
  •  本像は、市内の磯部薬師堂前に所在しています。寛文7年(1667)の銘があることから、江戸時代に建立されたことがわかります。阿弥定印を結ぶ一般的によくみられる舟形光背の像ですが、相貌もふくよかな感じで、耳は首の付け根くらいまで長く垂れています。全体的に均整のとれた保存状況もよい石造仏です。