下野市の文化財

  • 足踏み式丸むき機
    あしぶみしきまるむきき
  • 文化財の種類
  • 民俗文化財
  • 文化財指定団体
  • 指定なし
  • 文化財が造られた時代
  • 明治・大正・昭和
  • 文化財の所在
  • 下野市小金井3009-12
  • 概要
  •  足踏み式丸むき機は、かんぴょうの生産に使われた道具で、丸むき用手回し機を足踏み式に改良したものです。手回し機と同様に受け皿の上にフクベを固定し、手前からカンナをあて、上から順にむいていきます。腰掛けて鉄輪を回し、両足でペダルを踏んで動かします。それまでの座り作業よりも楽になり、効率も手回し機の1.5倍に上がりました「動力式丸むき機」が使われるようになった昭和30年代まで使用されました。

  • 一覧に戻る
  • トップページに戻る